舌があるべき場所は?

顎ラインをすっきりさせたい!

そんなお悩みを多くの方々がお持ちだと思います。

お答えする前に、顎ラインに関係してくる「舌」についてお話します。

舌があるべき場所とは?

私達の身の回りには沢山の種類の食事があり、年々その多様性が増しています。
その国々の家庭料理等が食べれたりと食をより楽しむ事が出来るようになりました。
そんな食の多様化が進むにつれて本来昔から食べていたものではないものを食べるようになったり、加工されたものや柔らかいものを食べるようになりました。

舌の機能は味覚を感じるセンサーを持つことで味を感じたり、噛み砕いた食べ物をまとめたりと咀嚼の一連の流れで重要な働きをします。
つまり食べ物が加工されて柔らかくなっていたりして食べやすくなると舌の働きが少なくても食べれてしまうのです。
そういった食事が多くなると舌の筋肉が衰えてきます。

舌の位置は本来、舌全体が上顎にベタっとくっついている…というのが正しい位置になります。
幼少期には特に重要で、上顎に舌が付く事により上顎の成長が促されることで歯がズレなく並ぶようになります。さらに上顎に舌が付いた状態だと口で呼吸する事なく鼻で呼吸することになります。そういった意味でも鼻の高さも関与することになります。

実は舌の筋肉のは喉の奥あたりから伸びていますので上顎に付くようになると引き上げられて顎のラインがスッキリするので見た目的にも良い効果があります。

鼻呼吸するようになれば口呼吸よりも免疫の観点でも有利です。

私達の周りには舌の筋肉が弱る要素は沢山あります。上顎に付ける習慣をつけて健康な生活を送れるよう目指していきましょう!

ドクター津田

お問い合わせ・ご相談・ご予約はコチラ

☎️03-6721-1645

💌info@lagform.com

📱LINEID→@494xgihr

ホームページは

「表参道・ほうれい線」で

検索してみてください🔎✨✨

#しわたるみ #しわ対策 #たるみ改善 #ほうれい線改善 #口元のたるみ #ブルドック顔改善 #老化は病気 #抗加齢医学会専門医 #加齢根本治療 #lagform #表参道美容クリニック #日本初上陸美容機器 #大人の若返りフェイス #マイナス20歳 #小顔になる方法 #噛み合わせ

しわ たるみ アンチエイジング エイジングケア ヒアルロン酸 フォトフェイシャル プラセンタ ホワイトニング ボツリヌストキシン メソセラピー ラグフォーマー ラグフォーム 再生医療 小顔 抗加齢医学 美しい 美容 老化は病 若戻り